知多半島! 海沿いドライブの旅 〜師崎港編(もろざき)〜

名古屋に近郊に住んでいる方は、海といったらどこに行きますか?

渥美半島の伊良湖周辺や知多半島の内海など、いくつか遊べる場所があると思います。

その中でも、まだあまり観光地化されておらず、人が比較的少ない場所で、普段の生活を忘れてリフレッシュできるオススメの場所を紹介します☆

 

知多半島の先端に位置する師崎港は、人も少なく、晴れた日は海がキラキラ光っていてとても綺麗です。デートにもご家族にもオススメです。

 

ロケーションは、名古屋駅から師崎港までクルマで約64km、知多半島道路を使えば1時間で到着できちゃう場所です。



近くに日間賀島行きのフェリー乗り場があるので、駐車場もあり安心です。

駐車料金は、昼間で100円/30分と良心的です。

 

駐車場のすぐ横に羽豆神社(はずと読みます)という名の小さな神社があり、少し階段を登りますが、神社からの海の眺めは高さがあって素敵です。

 

また、神社を降りて海沿いの道が歩けるようになっています。海沿いの道はクルマは通れないので、お子様がいる場合も安心です。

海沿いの道を歩くと、堤防のような場所があり、海の中を覗くことができます。クサフグや、他にも名前がわからないですが魚が泳いでいたり、運が良いとエイが見れます。

私がエイを見たのは去年の4月下旬頃でしたが、初めて野生のエイを見つけたので、あのヒレをピロピロさせて泳いでいく姿に思わず興奮してしまいました(笑)

 

また、岩場もあるので干潮付近に訪れると、潮溜まりにカニ・ヤドカリ・コチ・小魚・ウミウシなどが見れます。

うちの小学生の子どもたちは潮溜まりでカニやコチを捕まえてワイワイはしゃいでいました。

 

自然を手にとって楽しむことは、子どもの成長にとても大切な感覚の部分だといつも感じます。いくら本で読んだりテレビで見たりしても、やはり直接自分の目で見て、直接手で触って、海の香りを感じて、多くのことを吸収することがホンモノを育てるように感じます。

 

デートで訪れた方は、名古屋港水族館などもとても楽しめる場所なのでオススメですが、あえて自然の海の中を二人で覗きながら、野生の生きものを探すのもなかなか楽しめると思います。

 

お昼ご飯は、私はまだ利用したことはないのですが、日間賀島行きフェリー乗り場周辺の建物の中に、海鮮が食べられるお店が2軒ほど入っているようです。

近くにコンビニもあるので、駐車場に停める前に買い出しをしておいて、おにぎりを食べながら海を見るというのも、なかなか気持ち良いですよ!

 

以上、知多半島の穴場スポット“師崎港の海”でした☆

 

※以下、妻が書いたこの日の日記です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください