【富士スピードウェイ】スーパーGT観戦+キャンプ パート2




前回に引き続き、富士スピードウェイでレース観戦+キャンプのポイントについて紹介します。

 

【ポイント2】 場所を確保するための方法

キャンプで良い場所を確保するためには、予選日の前日から富士スピードウェイの入り口に並ぶ必要があります。(そこまでしないと人気の場所は確保できません)

 

入り口は、東ゲートと西ゲートがあります。

富士スピードウェイの中は時計回りの一方通行になるため、先ほどのキャンプポイントを狙う際は東口が近いです。(西口から入る場合は、構内をぐるりと一周しないといけません)

ゲートのオープン時間は東も西も4:30です。

今回私は2:30頃に東ゲートに到着しましたが、すでに多くのクルマが並んでいて、ゲートから道を挟んで反対側の広場みたいな駐車場に案内されました。雨が降っていたにも関わらず、すごいクルマの数でした。

ちなみに、東ゲートの方が人気で、東ゲートの待機場所がいっぱいになると、道路を挟んだ反対側にある広場に案内されます。

そこも満杯になると、西ゲートの方に案内されます。(去年、少し遅めに行ったら西ゲートに案内されました)

ちなみに、トイレは東ゲートにも西ゲートにも準備されているので、その点は安心です。

並んで待っていても後ろの方だと、ゲートオープンから1時間程経過した5:30頃で、その時にはオススメ1.のダンロップコーナーの高台は全部埋まっていました。

やはり圧倒的な人気ですね。ちなみに、今回紹介していませんが、人気のあるアドバンコーナー(ヘアピン)近くのP6ももう満杯になっており、P6狙いの人は近くにあるP7に案内されていました。

2.13コーナー~レクサスコーナー内側

3.ダンロップコーナー側面

狙いの方は、まだこの時間であれば場所が取れていました。

 

【ポイント3】  服装のポイント

5月は昼と夜の気温差が大きいので、夜に備えてジャンパーなどの暖かい服装をした方が良いです。

昼間は、暑い日だとTシャツでいけますが、風が強い日もあるので、長袖の方が安心です。

寝袋は5度とか10度対応のものであれば問題ないかと思います。

8月にキャンプする際も、やはり夜は冷えることが多いので、長袖等の暖かめの服を準備しておくと安心です。ポイント4で説明しますが、ブヨ対策としても長袖長ズボンはマストです。

 

【ポイント4】  ブヨに注意!

5月は見かけませんでしたが、8月にキャンプした際は、ブヨに刺されて大変なことになりました。

朝方に多いので、朝は長袖長ズボン、あと靴下がマストです。

刺されるととにかく痒い!笑  しかもそれが半年以上続きます。

ブヨはとても小さく、刺されてる時も少しチクっとするだけで気付きにくいので、とにかく刺されないように服装でカバーしましょう。

ちなみに、アウトドアを取り扱ってるお店で刺された時用にポイズンリムーバーが売ってますので、これも持っておくと安心かと思います。(私も一度刺された後は常に常備しています)

 

 

以上、富士スピードウェイでキャンプをする際のポイントでした。

 

これを読んでくれたみなさんが、キャンプとレースを快適に楽しめることを願っています!

前ページ
パート1 富士スピードウェイ キャンプ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください