初夏の篠島探検!パート1

この度、愛知県知多半島から更に南にある「篠島」に遊びに行きましたので、篠島をレポートします!




青で囲った場所が船着場で、

赤で囲った場所がビーチです☆

 

<篠島までのアクセス>
愛知県知多半島の先端、師崎港(モロザキと読みます)から高速船で行きます。

所要時間は高速船で10分程。

大きな船なので揺れもそんなにひどくなく、室内もあるので暑い日や雨の日でも快適です。

参考に、師崎港からは、篠島と、フグで有名な日間賀島までの船が出ています。

<高速船の料金・時間>
篠島までと日間賀島までは料金は同じで、往復で大人1340円です。子どもはその半額の670円です。

便も想像以上にたくさんあり、朝は6時台からあります。30分に1本便があります。

高速船の詳細は下記HP参照下さい。

http://www.meikaijo.co.jp/timetable.html

 

<日間賀島よりも篠島を選んだ理由>

日間賀島は比較的観光地化が進んでいるため、美味しい料理屋旅館に泊まられる場合は日間賀島の方がより安心して楽しめると思います。

我が家は日帰りなことと、あまり整備されていない自然を好むので、あえて篠島を選びました。

 

いよいよ篠島レポート!

<ビーチ!>

篠島は、800メートルくらいの長さの天然のビーチがあります!結構広いです!

名前は前浜と書いて「ないば」と読むそうです。

ビーチの真ん中にトイレがあり、ご飯の食べれるお店などもビーチのすぐ横にあるので、お子さんと遊びに来ても安心です^^

船降り場からビーチまでは、歩いて約15分くらいなので、のんびり散歩してたら到着!みたいな感じでした☆

 

荷物が多かったので、我が家は荷物乗せる用にレンタル自転車を借りました。
レンタルする場所は、船場降りてすぐの船待ち場の建物の中です。
料金は一日1000円です。(保証金として初めに2000円払い、自転車を返却する際に1000円返ってきます。16時半が返却期限です)

但し、ビーチに行くだけであれば、自転車はなくても大丈夫かと思います。

 

ビーチは砂が白いこともあり、水が透明ですごく綺麗です!
但し、遠浅ではないのでお子さんがいる場合は特に浮き輪などがあると良いと思います^^

 



<ビーチに生息している生きもの>

小魚やカニを、ビーチ両端にある岩場の近くで見つけることができます。

DCIM100GOPROGOPR0023.JPG

 

魚はカラフルなトロピカルフィッシュではなく、大きくなったら食べられそうな感じでした笑

魚はかなり警戒心が強いので、タモで捕まえるのは大変ですが、今回も警戒される前に気合いでゲット!笑
そのあと妻と二人で挟み撃ちにして捕まえられたのも楽しかった!

また、波打ち際でタモを使って砂の上をトンボがけのようにズリズリすると、まぁまぁ大きなエビが何匹か獲れました笑
これが完全に砂の色に化けているので、目だけでは全然見つけられない!

いつも生きもの大好きな長男がいろいろ捕まえてくるのですが、今回初めに大きめのエビを捕まえたのが長女で、すごく嬉しそうだったのが印象的でした。

 

次回は、ビーチより更に南側の森の中のウォーキングコースをぐるっとまわった探検結果をレポートします!^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください