【詳しい写真付】第13回 リーバイス(本物/偽物見極め用)ジーンズ(ジーパン/デニム)紹介「502 テーパー SHORTS ストレッチ Levi’s Premium 2020年モデル 」

こんにちは!Rioです^^

今回は、第13回リーバイスのジーンズ(ジーパン、デニム)紹介です。

リーバイスのジーンズは、同じモデル名でも生産された年や場所、オリジナル素材やストレッチ素材等でいろいろ違いますよね。

特にリーバイスの生産場所については、世界さまざまな国で生産されています。

また、リーバイスのホームページを見ても、細かい部分まで写真が載っていなかったり、生産場所も書いていないことが多いですよね。

そんなこともあって、リーバイスのジーンズを全てを把握することはマニアの方でもかなり難しいようです。

多少のミステリーが残っている方が人間は興味を持ったりするものなので、ある意味でこれもリーバイスの作戦かもしれません(笑)

このブログは、リーバイスの各モデルのジーンズについて細かく知りたい人や、あなたがネットや古着屋で購入したリーバイスが本物なのかどうか、不安に思われている方に向けたものです。

最近、アメリカに住んでることもあり、コレクションとしてさまざまなリーバイスのデニムを集めていますので、ひとつひとついろいろな部分の写真を載せながら紹介していきたいと思います。

それでは、今回は「502 テーパー SHORTS ストレッチ Levi’s Premium 2020年モデル」を紹介します。

購入場所:リーバイスオンラインショップ(USA)

     ※正規店で購入しているので間違いなく本物です

モデル名:502 TAPER SHORTS (STRETCH, Levi’s Premium)

ライン:弱めのテーパード

フィット:腰下(ローライズ)(SITS BELOW WAIST)

生産:パキスタン製(2019年37週 製造)

生地:綿99% + ポリウレタン1%(ストレッチ)

カラー・特殊加工:インディゴ+ホワイトペイント

特徴:502は、下記のリーバイスホームページに記載の通り、弱いテーパード形状で腰下フィット、またストレッチ製もあり履きやすいモデルです。言い換えると、スタンダードな仕様です。今回はショートパンツなのでテーパードの形状が少しわかりにくいですが。またインディゴに白のペイントをミックスした仕様で、単品でも個性の強いモデルです。デニム自体は個人的な感想ですが、厚みのあるしっかりとした仕様です。

https://www.levi.jp/502.html

↓インディゴブルーと白ペイントがミックスした個性的なモデルです。

↓裏も表面と同じカラーリングです。

↓タグです。TAPER, STRETCHという情報が記載されています。

↓タグの裏側です。2020年のシリーズであることがわかります。

また、このようにタグの裏側にはこのシリーズが始まった時の年号が入っているのが通常です。もし年号が入っていなかったら偽物の可能性を疑ってください。(これだけでは確定できないかもしれませんが)

↓別体のタグです。上記のタグと記載情報は同じで、502, TAPER, SHORTSの記載があります。

↓別体タグの裏面です。

↓パッチは革製です。紙に比べると、たくさん洗濯しても破れにくいので安心ですね。

↓このモデルはLEVI’S PREMIUMシリーズです。特徴としては、サイドの縫い方が両面が開くタイプのしっかりした仕様です。

↓サイド縫いの裏面が両面開きタイプです。(=501仕様)

↓ビンテージモデルを彷彿させるビッグEタイプの赤タブです。

↓トップボタンです。トップボタンも本物偽物を見極める項目のひとつになります。

↓トップボタン裏面です。わかりくいですが4309と刻印がされています。トップボタン裏も本物偽物を見極める項目のひとつになります。

↓リベット表です。リベットも本物/偽物を見分ける参考になりますが、詳細まで確認できる写真が少ないと思うので、参考にしてください。

↓リベット裏です。表同様、本物/偽物を見分ける参考になりますが、詳細まで確認できる写真が少ないと思うので、参考にしてください。

↓ジッパーは現行モデルのジッパーです。ジッパーの持つ部分の穴の形がリーバイスのマークの形をしているのが特徴です。

↓左ポケットに印刷されています。見えないところにも気を遣っているのがカッコいいですね!(完全に自己満ですが笑)

ラベル関係

ラベル関係は、本物、偽物を見分けるのに便利なポイントです。(偽物はラベルが全然違うことが多いようです)

↓通常のモデルと同様、ラベルは右ポケット付近にあります。パキスタン製と記載があります。

↓材質が記載されています。綿99%, ストレッチ用のポリウレタン1%。

↓生産はCW-3719と記載があるので、2019年の37週目製造となります。

以上、リーバイスジーンズの紹介でした。

他にもいろいろなリーバイスのジーンズを紹介していく予定ですので、お楽しみに!

また、アメリカ生活や商品のレビュー、またアパレルブランドの紐解き等もブログに掲載していますので、よかったら見てみてください^^

http://djr134.com/category/levis-ジーンズ紹介

【詳しい写真付】第12回 リーバイス(本物/偽物見極め用)ジーンズ(ジーパン/デニム)紹介「511 スリムフィット ストレッチ SHORTS 2018年モデル 」
【Stussyファンもビックリ】ステューシーのブランド戦略(ブランドコンセプト)が、実はアジア狙いだった?!
【意外な事実】ノースフェイスの日本販売品は全くの別物?!
【必見レビュー】コカコーラ クーラーボックス
【2019年 実調査結果】アメリカのサンクスギビングデー、ブラックフライデー、サイバーマンデーのアパレル系調査結果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください