【ビレバン調査】ヴィレッジバンガード(ビレバン)で販売されているバッグ類はアメリカ国内通常販売品?その品質は??

みなさんこんにちは!Rioです^^

今日は、日本で人気の雑貨屋さん、ヴィレッジバンガード(通称ビレバン)のバッグや靴下等のアパレル商品が、アメリカで販売されている商品をそのまま輸入して販売している、ということについて書きます。

(あくまで私個人の見解です)

ヴィレッジバンガードといえば、一風変わった商品を集めた、お店の中を歩いてるだけでも楽しめる雑貨屋さんですよね。

その中で、よくバッグや靴下等のアパレル製品も販売していますよね。

私はアメリカに3年間住んでいたので、日本に帰ってきてから改めてヴィレッジバンガードのバッグ等のアパレル商品を見ると、「これ、ほとんど全部アメリカで普通に売ってたやつじゃん」ということに気付きました。

例えば、NASAやスケボーの雑誌メーカーであるTHRASHER(スラッシャー)のバッグ、NIKEの靴下等、これらはアメリカでどこにでも売っている商品ばかりです。

誤解を恐れずに言うと、日本で普段販売されている商品とアメリカで普段販売されている商品を比較すると、日本で販売されているものの方が品質的に安定していたり、同じような商品でもサイドポケットがついていたりと違いがあります。

日本で販売されている商品でも、結局はMade in Chinaだったりすることが多いのですが、それでもアメリカで販売されているMade in China製と違いを感じます。

推定ですが、その理由は商品の品質の出荷基準が日本とアメリカで違うんだと思います。(アメリカは出荷基準が比較的甘い)

その結果、出来栄えに違いがあるのではないかと考えています。

以上のことから、ヴィレッジバンガードで販売されているバッグ等を見ると、普段日本で販売されている商品と比べ痒いところに手が届いていなかったり、縫い目が荒かったりして、なんとなく洗練されてない気がすると感じると思います。

一方で、アメリカでは普通に販売されているとしても、日本では通常取り扱っていない商品が多いので、日本に住んでいる人からすると物珍しいし、他の人と被りにくいというメリットもあります。

値段も、決して安くはないですが、アメリカで販売されている定価と差異はないので良心的だと思います。(輸入費用もかかりますし)

今日ご紹介した実情を理解した上で、ヴィレッジバンガードで商品を見るのが更に面白くなると思います。

みなさんがヴィレッジバンガードで更に楽しく買い物を楽しめますように^^

他にもショッピング関係のブログ等を更新しています。

【お買い得!】パタゴニア(Patagonia)はアメリカで安い!?旅行のお土産にオススメ
【Stussyファンもビックリ】ステューシーのブランド戦略(ブランドコンセプト)が、実はアジア狙いだった?!
【意外な事実】ノースフェイスの日本販売品は全くの別物?!
【詳しい写真付】第1回 リーバイス(本物/偽物見極め用) ジーンズ(ジーパン/デニム)紹介「ウエスタンフィット(WESTERN FIT)」
【必見レビュー】コカコーラ クーラーボックス
【必見レビュー】ペニー サーフボードについて(Penny)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください